テレビの傲慢さは「テレビ局員全員が半○しの目」にでも遭わない限り治らない

だって「他人事」だから。

自分は痛くも痒くもないから。

だからどこまでも傲慢になれるのです。

ついでに言うなら「この俺様が一番賢い」連中”だらけ”だから、余計タチが悪いわけで。

僕はいい人ではないし、綺麗事は言わないので、テレビ局のクソ野郎どもは全員軒並み

一度半殺しの目に遭えばいい

と本気で思っています。

そうしたら多分ですが、ちょっとは自分たちのやってきたことを省みるかもしれません。

ここではっきり書いておきますが、僕は朝日新聞を襲った「赤報隊」はしっかりした意義があったと思っています。

何が報道の自由だよ。何が言論の自由だよ。

暴力はよくない。

そういう半端な人たちのその言動で気狂いどもがどこまでもつけあがる。

僕にとっては、この状況が一番頭にきます。

本当に地獄があって、死んだらそいつらまとめて全員苦しめばいいのですが、死んだことがないので、本当に地獄があるのかどうか、僕にはわかりません。

そんなわからないものを当てにしても仕方がないのです。

生きているクソ野郎どもがこの世にいる時点で地獄の苦しみを体験してくれないと。

もういい加減にしてくれないと。

もうずっとそう思っています。

それともう一つ。

テレビを見る方も見る方です。

くだらないとか言いつつみんな見てるんでしょ?

だからクソ野郎どもがとことんつけあがるのです。