結婚は契約だから失敗する

そもそも結婚を契約だと思ってる人が多すぎると僕は思っています。

契約だから

失敗したくない

損したくない

他人から羨ましがられたい

自慢したい

って思うのです。その時点で

ってことなのです。

他人から羨ましがられるアイテム、そんなアイテムを手に入れたなら、そりゃあ自慢でしょう。鼻高々でしょう。自分自身もさぞかし「格上」って感じがすることでしょう。

けど、相手には自慢できるけど、自分はそのアイテムと向き合っていかなければならないわけでね。問題は中身(後述)ってことなのですが。

僕はバカなので1mmも理解できません。

そもそも僕は結婚など無理だと思ってました。それどころか一生をともにする相手なんて絶対にできないとすら思ってました。出会いの場もありませんでしたし、そもそも女嫌いだし(ホモではありません。そっち系も大嫌いです)、いわゆるマッチングアプリだの結婚相談所だのに登録不可能だからです。相手にされるどころか門前払い確定だからです。誇れる経歴など何もないし、相手にひけらかすようなものも何もない。それでも金があるっていうならまだマシなのかもしれませんが、それもないんですよねぇ。笑。女に無駄金使いたくないんですよ。

でも、今は素敵な連れがいるのですよ。ちなみに一生連れ添えるからこそ連れと呼んでいるのですが。

  

僕は相手と契約したつもりは全くありません。一緒に生きる、ともに生きる、死ぬまでずっと一緒に生きると思っています。幸いなことに相手もそうです。

だから、連れは僕のことを自慢しようと思っても自慢などできないでしょうね。そもそもそういう自慢には全く興味のない連れですが。

    

さて、ここからが本題ですが、愛だけでは結婚生活は維持できない、とよく言われますよね。そしてそれは全くその通りです。だって多くの人にとって、結婚は「契約」なのだから。

けど、これがもしも契約でなければ話は違います。

お互いに愛し合っていれば、結婚しようとしまいと問題ありません。何をどうしようと、バックボーンが愛なら、何をしても問題ないということなのです。もちろん結婚してもいいし、しなくてもいい。どうでもいいのです。男女の根幹にあるのが「愛」なら、その上に何を築こうとも崩れることはないのです。愛さえ崩れなければ、何をどうしようといいのです。僕はバカップルこそが最高のカップルだと本気で思っていますが、バカップルとは愛だけで自分たちだけの世界を築いている男女のこと。けど、これこそが一番いいのだと本気で思っています。

逆に言うなら、愛がないからこそ結婚という名の契約をするのです。じゃないと相手を繋ぎ止めて置けないから。けれど、契約ならば「いくらでもいい条件の方がいい」に決まってます。誰しも損はしたくない。

バカでもわかる話ですよね。

ところで、バカほど勘違いするのですが、経済と結婚生活は全く別物です。そもそもが別人同士なので、結婚するまではお互いが勝手にそれぞれ稼いでいたはずだし、それぞれ勝手に生きていけてました。だからこそなのですが、それならば結婚してからもそうすればいいだけの話ですよね。そもそも結婚したら「女は稼がなくてもいい」という付帯条件をつけていたのか?ということです。結婚は契約なので、足りない部分をお互いにフォローすればいいという契約をすればいいだけなのです。

面倒でもそうしなければなりません。なぜなら結婚は契約なのだから。多くの人にとってはね。

これがもしも契約でなくて愛ならば、何をしようとそれらは全て「当たり前」のことなので、なんの問題もありません。契約不履行で揉めることもない。

結婚は契約だから揉めるのです。

となるのです。

阿吽の呼吸?

そんなのあるわけありません。だって契約してないのだから。

自慢できる良さげな相手と契約したはいいけど、一緒に暮らすってだけで細部を全く詰めてなかった。なら、もめるに決まってます。そしてどっちが正しいかというアピール合戦となるのです。

さて、こんな場合、昔なら「無条件で私はか弱い女アピール」が受け入れられていましたよね。世間的には女は被害者で男は加害者でした。それが社会的通念でした。

けれど、今は違うんですよ。昔ながらの「男は黙って損をしろ」っていう風潮などどこにもないのです。女もちゃんとしてくれないとね。なぜなら結婚は契約だから。

ところで、少子化の最大の原因は

だというのが僕の揺るぎない考えです。そんなバカな女と契約するのが心底嫌だからです。セックスだっていっときの快楽でしかないし、なんなら

そんな粗大ゴミと一緒にずっと暮らすことのリスクが周知徹底されたからです。

昔は「結婚=契約」という概念が薄く(金持ちには根強かったが、一般人には薄かった)だからこそ、勢いで付き合って勢いで結婚というのもあり得ました。

しかし、今では結婚=契約という概念が周知されたと思っています。結婚の条件アンケートを見ればよくわかります。今も昔も女はずー〜ーっと金金金庫。対する男は相手に対して優しさとか気立の良さとかを求めていましたが、今では「たとえ女であろうとも金」という感じになってませんか?

    

   

僕自身は終始一貫して、結婚に必要なものは「愛のみ」と答えています。全く1mmもぶれません。それ以外は必要ないと今も思っています。

愛があって、だからこそ二人で生きる。

それ以上の何が必要なんだろう?

ちなみに、そんな相手がいない場合ってのもありますよね。僕もちょっと10年前まではそうでした。

僕の答えは簡単でした。

一人で生きる。

それだけのことです。

ないならないで、あるならあるで。

だたそれだけのことです。