札幌ススキノ殺人についてはまだ書きませんが一つだけ

書いてるやん!

とか言われそうですが、これは現在進行形の事件。そういう事件に関してはあれこれブログに書くつもりはないのです。

僕は探偵でもないし、人が死んでるので、ちょっとこの段階ではあれこれ言うのはどうかなぁと。

もちろんいろいろと思うことはあるのですが、このブログでは控えます。

さて、改めて思ったのは「ススキノ怖い…」

このラブホには行ったことなどありませんが、場所は通ったことがあるので知ってます。

そもそもススキノのはあまり行かないのです。理由は「行く理由と金がないから」

実に簡単なものです。僕のような人間はそういうところに行かない方がいいのだし、行ってはいけないのです。僕のようなというのはすなわち=貧乏ってことですが。

繁華街に興味はないし、風俗にも興味ないし、ヤクザとか反社なんて怖いだけでなんの魅力も感じません。ギャンブルや女というものに対しては、僕のような人間ほど一歩間違ったらのめり込んでしまって目も当てられなくなるという話も聞きますが、今のところはのめり込む理由がないので、とりあえず大丈夫じゃないかな。

男性の強烈な欲望の一つである性欲はたった一人だけに向けられているし、実はあまり食にはこだわらないおっさんなのでグルメにもまるで興味なし。

自分で言うのもなんですが、僕なんて青白いもやしっ子は、なんか妙な本などを日陰で読んでればそれで十分で、刺激だ何だと言ってススキノに行ってもつまらないし疲れるし金だけ飛んでって不満だらけなのです。

   

そうそう。一つだけ書いておきますが、この事件、首を切断というショッキングさばかりに目が行きがちですが、それを除いて考えてみてはどうでしょうか?

僕はいつもそういう思考なので、今回の事件に関してもそう考えています。

早く犯人が捕まりますように。