右からも左からも叩かれているから、私は中立という謎理論

全然中立ではないですよ。

ある意見では右寄り、ある意見では左寄り。これはそもそも中立とは言いません。もちろん是々非々でもないです。あらゆるものに対して全くブレずに意見がかわらず、誰にも何にも与しない。これが中立ですが、そんなものは

強大な力がない限りできません

右からも左からも攻撃されるのは、その人がコウモリだからなのです。けど、コウモリは「自分は中立」とかキリッとしてるわけで。けどそんな馬鹿な輩は、おそらくは無意識のうちに

自分をよく見せよう

としているのですよね。自分は賢いのだと。物事を冷静に捉えているのだと。

そもそも、まだこんな馬鹿がいるのかと驚くのですが、

中立なのは正しいという狂った思い込み

をする人がびっくりするくらいに多いですよね。歴史も学んでなければ、思想的にも極めて幼稚。驚くばかりのダメっぷりですが、力のないバカのどっちつかずは結局、自分の意見がないということであって、自分の気持ち次第で右にも左にもふらふらできるという自分の立ち位置にとっての都合のいい話でしかありません。

直近のロシアのウクライナ侵略戦争だって、ウクライナは緩衝地帯、つまり中立の立場でした。けど、クリミア半島を武力で取られちゃって、それまでの歴史もあって、だからNATOな訳です。なんだ、やっぱり中立じゃなくなったからロシアに攻撃されたんじゃないか?というのは、一見すればその通りだと思いがちですが、僕は違うと断言します。

何をしても、どうやっても、キチガイは自分に都合よく解釈するのであって、ウクライナがどうであろうと、ロシアはチャンスだと判断したから侵略したのです。理屈は後からどうにでもなる。ヤクザや半グレの理屈そのもので、勝った後でどうとでもなる話なのです。

また、馬鹿は韓国のコウモリ外交のことも理解できていないのでしょう。中立とぬかすバカのほとんど全部がコウモリ外交と同じようなことをするししているのです。都合よくあっちにふらふらこっちにふらふら。

どっちつかずはやられちゃいます。なぜなら

仲間ではないから、ぶっ飛ばしても誰も助けない

馬鹿がどんなに否定しようと、それこそ歴史が証明しています。

 

そうそう。共産主義でもなく、かと言って西側に与するでもなく、私は「日本を良くしたい」「日本のために発言したい」的な輩もいます。日本が一番で、だから共産主義国にも、かと言って西側自由陣営とも距離を置きたい。いわば中立でいたいという

極めてお子様丸出し

のおまぬけな発想ですよね。自分が一番(お利口ちゃんアピール)なのは仕方ないとして、それでいざ何かがあったときに

誰が助けてくれるのか?

ということを丸っと無視するこの幼稚さ。ウクライナのようにされたら本当にアメリカが助けてくれるかわからないとか言いながら、これまでのアメリカの恩恵をまるっと無視して、いわば都合よくアメリカに頼るその腐れ根性には反吐が出ます。そんな馬鹿をアメリカがいざという時に助けてくれると思います?

仮に僕なら死んでもお断りですよ。なぜ馬鹿を助けにゃならんの?自分は何もしたくない。汚れたくない。けど襲われた時にはたのんます!あ、普段はお前のこと嫌いだから出てけ!そもそもお前に金出すのが勿体無いし。お前のためにこっちは金出してんだよ?わかってんの?なんて、こんな馬鹿を助けると思います?僕なら

死ねよ!

って思いますね。

力は大きな方がいいのです。どんな場合であっても。どんな時であっても。強さは余裕につながるのです。強いからこそ平和なのです。そして結局は

徒党を組んだ方が圧倒的に安全安心なのです。

そして徒党を組むなら、

自分もそれなりに強い方がもっと安全なのです。もちろん、これは中立という

極めて生ぬるい幼稚な発想とは極北に位置しますが

  

争わない平和な世界になりますようにってか?

中立を装う馬鹿は襲われておしまいです。そもそも襲いやすいし。自分が馬鹿丸出しのお花畑にいるからと言って、

相手も同じお花畑にいるとは限らない

ってわからないかな?

あぁ、

馬鹿だからわからないねw

そういう難しいことはわからないもんね。綺麗事を言って、そんな自分にうっとりしていたいだけだもんね。自分が本当に危険な目に遭わないとわからないもんね。

何が「中立」だよ。馬鹿じゃないの?

って、僕は思います。