仮面ライダーという昔の物語を今の技術で!

僕が昭和の人間だからなのかもしれませんが、今のドラマは本当につまらない。いきなり腐して大変申し訳ないのですが、どうもあの私小説ちっくな

無駄な深掘り

が嫌で嫌で嫌でたまらなく嫌いなのです。

だから見ていません。そもそもテレビもないし。

そんな中でこれ。

これこれこれ!

と思ってしまいました。

少なくとも、旧1号ライダーのイメージはこれですよ。オープニングを見ただけで、あー懐かしーこういう感じだーってなります。昭和のおっさんとしては

あーいいね!

なんです。願わくば、中身に関しても、ストーリーラインの変更はなしで、今の時代と矛盾するようなところのみ直す程度にしてほしいです。スマホとか。

ちゃんと見栄を切って、変身して(ちなみに旧1号ライダーは最初変身ポーズは取らないけど)最後はライダーキックで終わらせてほしい。そう願います。

改造人間となってしまった深い悲しみ

ということにめったやたらとこだわって深掘りすればドラマなんだっていうような勘違いはもう本当に勘弁してほしいです。昨今のドラマはそんなのばっかりでもううんざりなので。

悲しみを背負ってしまった。それでも頑張る!

的なね。

もうバカかと。

そんなものはドラマでもなんでもない。オナニーでしかないとわかっていただきたいものです。スタンドバイミードラえもんもそうですが、無理やり感動させようとするのはやめていただきたいです。

  

昔のドラマは本当に面白かった。無駄に説明に力を入れず、設定上の矛盾があっても気にならないしっかりしたストーリーの流れがありました。しかもそれを30分(実質20分ちょっと)で描くのだから、大変な力量でした。

今のドラマなんてその実質20分ちょっとを1時間半にしてしまうレベルにしま見えません。しかもそのうち1時間長は主人公が悩んで葛藤してメソメソ泣いたりあちこち怒鳴ってるという感じで、なんなんだと。

逆を言うなら、昔のドラマはたった20分ちょっとで喜怒哀楽の全部を入れて尚且つ見せ場も作って、気づいたら満足!来週もまた見たい!となるのだから、すごいなぁ。

世界征服のはずなのに、どこかの山奥で妙な作戦立てて身内でワイワイやってる感は確かにあるけど、終わってみれば、また見たい!

これは本当にすごいことです。僕はずっと東映のYouTubeで今は仮面ライダーBLACKとかゴレンジャーなどを見ています。毎週の更新が本当に楽しみです。そして毎回ワクワクしています。

そしていつも思います。

ドラマはこのまんまで、技術だけ今の最先端の技術にしてリメイクしてくれないかなぁと。

宇宙戦艦ヤマト2202なんて、もう今からでもいいので、さらば宇宙戦艦ヤマト劇場版そのまんまでやってくれないかと。

もう本当にお願いしたいです。

   

そうそう。これはブログなので、せっかくということで書くのですが、実はもう一つこうなればいなぁというお願いがあります。しかし、これに関しては万人ウケしないので実現は絶対にしないでしょうね。そのお願いというのは、「4k」とかの高精細な映像ではなく、限りなく昔風の映像にしてほしいということ。

画面が綺麗すぎるのはよくないと僕は思っています。昔のフィルムのあの雰囲気。あの雰囲気が素晴らしいと僕は思っているのです。今の映像はあまりにも明るすぎ、鮮明すぎで、ドラマと特撮の部分がどうしてもチグハグにしか見えません。昔の特撮にはそのチグハグさがない。というか僕は感じない。ドラマの部分と特撮の部分がイコールに見えるのです。これってすごいこと。

ヒーローも光線兵器も、本当に実在する感じ。その感じが今の特撮からは全く感じられないのです。

ああこれは特撮パートだと分かってしまうのが本当に白けるのです。そしてその一因こそが映像(フィルム)の質。

だから思い切って昔風の映像にしてほしいのです。ドラマも映像も昔のまんまだけど、技術だけが今風。

そういうものが僕は見たいです。