感動をありがとう!

素晴らしいオリンピック大会でした!

テレビがないので、ほとんどテレビでは見ていません。

けど、動画はあちこちああるので、それを探しては見てました。野球とマラソンは旅行先でテレビで見ました。

野球は久々に「ウォーーーーーーーー!!!」となりました。燃えたなぁ。

気分いいですよ。勝って気分悪いわけがないし、ましてや金メダル!アメリカを2タテ!しかも決勝は完封!メジャー選手がどうたらこうたらはただの言い訳です。言い訳している時点で精神的に負けだし、そういうことを言うのは負け犬根性のある人。仮に解説陣だったら

「メジャーがいないなら勝って当たり前」

ぐらい言うのが当然。日本は勝つためにプロの中のトップを集めたのだから。

どんな競技であっても、勝つために、メダルのために、入賞するために頑張ってるのであって、参加することに意義があるなんてのは「いかにもサヨクの嘘っぱち」だと僕は思います。参加だけでいいなら、そこらの素人集めて送り込んでみなよと。僕のようなデブのおっさん引っ張っていってあれこれ競技させてみろよと。

見てられないから。誰も見ないし。

勝つためにみんな必死。その結果として入賞できなくても、例え最下位でも、僕はとても尊敬します。けど、そう思うのは「その道のトップアスリート全員が必死に頑張っている」から。そして必死だからこそ筋書きのないドラマが生まれるのであって、だから感動するのです。

  

マラソンに関しては新たな発見がありました。そしてそれはとても嬉しい発見でした。そしてランナーの凄まじさをある意味体感しました。

どういうことかというと、今回は札幌のコースで行われたのですが、僕は札幌市民。画面に見える風景はどれこどれもが

よく知ってるところ

なので、連れと「あ、ここほらあそこだよ!」「あーあそこね」とか話しながら見てたのです。

そのうち、とあることに気づきました。いずれの場所も知ってる場所で、自転車などでもよく走ってる場所でもあるので、

どのくらいの時間でそこからそこまで行けるのかという土地勘

が働くのです。ここまでなら何分で行けるぞとか。で、その土地勘込みでレースを見てると、

え、そこまでそんなに早く行けるの?

というギャップがどんどん出てきました。それを連れに話したところ、

確かに!

まとめると、自転車で(信号はあるにしても)ここからここまでこんなにかかる場所を、ランナーはたったこれだけの時間で走ってる!

というわけで、その凄さを体感したのです。そうかぁ、知ってる土地を走ってもらったことで、その速さ凄さが実感できたのかぁ!

だからこそやっぱり競技は生で見る方がいいと再確認しました。当たり前のことですが、その方がアスリートの凄さが良くわかるのですね。今回は無観客でしたが、テレビ越しでもその凄さがわかるのだから、生で見たらどんだけだったんだろうなぁ。

ちなみにですが、今夏の札幌の暑さはもういやというほど体感していたので、走るだけでもとんでもないことだと思ってました。だから3割が脱落というニュースを見て、そりゃそうだろうと気の毒になりましたね。せっかく世界のトップが集まってきたのに、あまりの暑さにその力を発揮できないままに脱落とか、そりゃ悔しいだろうなぁと。天気ばかりはどうにもできません。けど、逆にトップのケニアのキプチョゲ選手の凄さに唖然。

本当に人か!?

といういい意味での超人ぶりに衝撃を受けました。

そして大迫選手の6位入賞も凄かった!彼もまた鉄人!

   

なんでもそうですが、終わってみればあっという間。そして寂しいものです。僕は素晴らしい大会だったと思います。開会式や閉会式に関して、一部では散々腐している輩もいますが、結局は自分の思うような式ではないからあれこれ言ってるだけ。

ガキかよ(軽蔑)

開会式閉会式は結婚式での長ったらしいスピーチみたいなものだと僕は思ってます。間違って感動する場合もあるし、早く終われと願う場合もあります(というか多い)。

けど、悪いけどそんなものは瑣末的なことです。大事なのは、アスリートの躍動。

当たり前のことですが、オリンピックは選手が主役なので、式などは所詮添え物でしかありません。競技が始まったら、あっという間に開会式のことなんて忘れ去られましたから。それでいいのです。閉会式も同様。アスリートを労えばそれでいいんです。

添え物の添え方でごちゃごちゃ言ってマウント取ってるのはバカ丸出しですね。添え物はそりゃあ綺麗に添えた方がいいに決まってますが、添え物が綺麗に添えられてなかったら、弁当がまずくて食えないなんていうようなバカは韓国レベルの気狂いと一緒です。芸術家気取り、僕ちゃんあてくしは文化をわかってる的なばか丸出しがいくら騒いだところで、オリンピックは開会式と閉会式だけで構成されてはいないのです。そういうマウントを取ってる芸術家気取りの僕ちゃんの作品なんて僕は1秒も見たくはないですね。

添え物は添え物です。どう頑張っても。ちなみにこれも多様化ってことです。多様というのはそういうこと。

余談ですが、そういうマウントをとりたがる輩ばかりが集まったから、ああいう式になったのだと思いますよ。式なんだからわかりやすく華やかなもので十分。マツケンサンバと東京音頭でいいじゃないですか!

芸術わかってますよバカにかかったから、あんな演出になったのだと僕は思います。

  

それにしてもすごいメダルラッシュで、毎日盛り上がってました。僕も大いに楽しませていただきましたし、当然こういう言いますよ!

感動をありがとう!

だってそう思ったのだから。それとも、バカ丸出し野郎みたいに、あれこれ言葉を飾って気取った美辞麗句を言わないとダメですか?

僕は少なくともバカにはなりたくないので、素直に、こう思いました。

感動をありがとう!

    

次はパラリンピックです。これもまた超人がたくさん出てきます。大いに頑張って欲しいです。昔はNHKでしか放送されなくて、なんでこんな、ある意味本当の超人の大会を民放は放送しないんだろう?といつも思っていたのです。

皆さんも、見た方がいいですよ!本当に超人だらけなので!