確かにポーランド最高!

本当に最高!

これこそ本当の政治!

ポーランドの悲しい歴史を知れば、綺麗事ばかり言って悦に入る僕ちゃんあてくしお利口ちゃんバカの戯言など、全くの無駄だとわかることでしょう。

清々しいまでの現実主義。

ダメなものは例外なくダメという本当の意味での是々非々。 

このように「グローバリズム」とか「多様性」とか「多文化共生」などという綺麗事世迷言戯言を全否定する本物の政治家が増えて欲しいものです。

そして、現在進行形でジェノサイドを行っているキチガイ国家と仲良くとか、政治と経済は別とか、隣の国だから付き合っていかなければならないとか、そういうことを言ってるキチガイどもと、交換して欲しいものです。

ところで、実はポーランド国民の文化水準が高いから、こういう政治家が出てくるのだと思うと、キチガイ国家に媚びまくる政治家をいまだにふんぞりかえらせている日本って、どうなの?

と思わずにはいられません。

なんにしても綺麗事を言わないってだけで、これほどまでに素晴らしく見えてしまうなんて、世の中やっぱり変ですね。