政治家が票を追い求めるのは当然のことです

僕は、政治家が票を追い求めるのは当然のことだと思っています。

支持がないと政治なんて行えない。ましてや数%の支持しかない連中が国を動かすなんて許し難いことです。国政に口を出すこと自体ふざけてると思います。

しかし世の中、自分の思いがそのまま反映されることなどなく、現実といえば、数%の政党が異様にふんぞりかえってのさばってます。マスゴミのもてなし方は常軌を逸しているレベルで、反権力ってアピールすればなんでも許されるかの如く、たった数%しか支持されてない政党をそれはそれは厚遇しています。そしてあろうことか、数%の支持しかない連中が実質的に国政を左右してるし、多数の支持を取り付けた政党までが、数%の支持しかない政党を必死にもてなしているのです。

なんだこれ?

票のない政治家なのになぜ?と多くの国民は思うはず。違いますか?僕は思います。お前らなんぞ支持した覚えはない。なのになぜ偉そうにする?偉くもなんともないただのクズの集まりにあれこれ言われる筋合いはない!

と思います。

   

政治家が票を追い求めるのは当然のこと。そして票とは「国民の支持」に他なりません。

この意味が本当にわかっているの?

と思わずにはいられません。

   

さて、政治家は選挙が近くなると選挙のことで頭がいっぱいになるそうですが、僕はそれでもいいと思っています。というか、これまた当然のことだと思っています。百歩譲って、地位と名誉と金のためだとしてもです。

地位と名誉と金という裏付けがないと、政治なんてできないと僕は思うからです。僕は綺麗事など言いません。例えば僕が国政を担うなんてあり得ません。地位も名誉も金もない。つまりは権力がない。そして国民の支持もない。そんな男が国を動かすなんて

誰が支持するの?

当然誰も支持しません。僕は安倍さんを支持しますが、彼には磐石の支持基盤があります。難病を抱えていても生活は不安定にはなりません。当たり前です。難病で不安定な人が国政を行えるのか?って普通は思いますから。磐石の支持基盤がある安倍さんは選挙も気にならないでしょう。それでこそ「国政に集中できる」ってものです。安倍さんは実は一人ではありません。磐石の支持基盤という支えがあるのです。選挙区民ではない僕も支持しています。戦後最高の首相だったと僕は思っていますし、また首相に返り咲いてもマイナス感情は一切湧きません。政治家は一人ではないのです。集団です。塊。

   

例えばYouTubeやTwitterなどで、

政治家は選挙のことしか考えてない

というのを見たり聞いたりしますが、僕はそれの何が悪いの?と思うのです。上記のように考えるから。

おそらくは多くの人が誤解していると思うのです。選挙のことばかり考えるからダメな政治家なんだって。

僕は違うと思います。やはり政治家は支持されてなんぼです。何度でも言いますが、誰からも支持されない僕が国を運営するなんてふざけてるにも程があるからです。支持のない政治家は政治家失格。はっきり言っていらないのです。政治の舞台に出てくるな!と思います。

僕の言う「誤解」というのは、切り口を変えれば見えてきます。

政治家が考えていることは「選挙のことだけ」ですが、切り口を変えたら「国民の支持を取り付けるにはどうするか?」となります。よく、外交は金にならないなんてしたり顔でいう人を見たり聞いたりします。それは実際に

国民の反応がそうだから

なのです。経験則なんです。政治家だってバカではないのです。政治家は多くの人から支持されたい。けど、外交に力を入れたら「支持されない」あるいは「支持されにくい」という現実がある。だから政治家は経済(という名の利益誘導)に走るのです。

いい政治家が必要ですよね。ちゃんとした政治家が現れてほしいと誰もが思っています。

ところで、そのちゃんとしたいい政治家ってどんな政治家?

自分の地域に金を引っ張ってくる政治家は良い政治家?それとも悪い政治家?

   

結局、政治や政治家は「国民の意思の反映」なのです。政治や政治家が悪いのは「選んだ国民のせい」です。正しいことをしたら必ず支持してくれるなら、政治家は正しいことをします。なぜなら、そうすれば支持されるから。そしたら地位も名誉も金も安定安泰だからです。地元に金を落としてくれたら、他はなんでもいいって思えば、政治家はその意思を汲み取って実に忠実に動きます。だって結局「金」だから。

   

何度でも言います。

政治家が票を追い求めるのは当然のことだし、選挙で頭がいっぱいなのも当然ことです。

変えるべきは票を持ってる国民の方なのです。

ジェノサイドを許す政治家は例え大物であっても絶対に票を入れない!という意思で投票すればいいのです。中国に媚びる政治家には票を入れない!実際にもそう行動すればいいだけ。

たったそれだけなんです。

こんなにわかりやすいのになぜしない?

そうやって選ばれた政治家はその支持基盤があるからしっかりとものが言えるでしょうし、また、言わねばならなくなります。次回の選挙が危うくなるから。

この俺様は中国べったりだ!なんか文句あるか!っていう政治家に票を入れたら、ますます自信を持って毎年中国詣をするに決まってるのです。だって、支持されてるからね。

結局金さえ落としてやったら、あいつらバカだからあとは何をしてもいいのだと。パンダを何頭もレンタルできたらあいつらバカだから大喜びだって。和歌山も千葉も。もう簡単なものです。舐めてもバカにしても中国のために尽くしても票が入ってくるんだから。静岡県民の方々ご愁傷様。ジェノサイド支持する政治家を選んだ気持ちはどうですか?

もちろん誇らしいんですよね。

それで票が入るのなら、誰だってそりゃそうするに決まってるのです。実際に票が入ってるし。

   

政治家が票を追い求めるのは当然のことだし、選挙で頭がいっぱいなのも当然ことです。だってそれが政治家なのだし政治だから。

意識を変えるべきなのは僕らなのです。

経済と外交は一体だという共通認識を作れば、そういう政治家がたくさん出てきます。そういう共通認識があればマスゴミもマスコミになります。彼らも所詮は人気取り商売だから。

意識を変えるべきなのは僕らなのです。

 

そうそう。某ユニクロの駐車場には今日も車がたくさん止まってます。日本人は劣化したとか偉そうに言っても、現在進行形でジェノサイドを行う中国にべったり媚びても、

バカが今日もたくさん買い物してくれるから言いたい放題やりたい放題っすよ!

結局、何を言ってもやってもバカがせっせと商品買ってくれるんだから、そりゃあやめませんよね。大量虐殺の結果できた商品をありがたがって買ってる輩がたくさんいたら、そりゃあウハウハっす!

もっと買えよ愚民ども!どこぞの誰が何人死んでもカンケーねー!

って感じでしょうね。