金を稼げないからダメ人間なのか?

金を稼げない人間はダメ人間であるというのは、ちょっと考え違いをしているのではないかと思うのです。

いや、ちょっとではなく、根本的な考え違いをしているのではないでしょうか?

確かに金を稼げない人と、金を稼げる人を「金を稼ぐ」という点で比較するなら、金を稼げない人は金を稼げる人よりもだめだということはできます。というか、その通りです。異論のある人はいないと思います。

ところが、不思議なことに、ここで根本的な間違いを犯してしまう人が必ずいるのです。

金を稼げない=人間的にだめ

だという思い込みです。

金を稼げないなんて、俺はダメ人間だぁ
俺はお前より金を稼いでいるんだ〜

考えてみてください。こういう場合、実はこう言っているように思いませんでしたか?

金を稼げないなんて、俺は(人としては)ダメ人間だぁ
俺はお前より金を稼いでいるんだ〜(お前より人として偉いんだぁ)

そう思っているとしたら、それはおかしいと思います。金を稼ぐと言うことはあくまでも能力でしかありません。その人の持っているアイテムの一つと例えたらわかりやすいでしょうか。あるいはジョジョのスタンド的な。

生まれつき足が早かったら、その人は人として優れているのか?といえば違いますよね。足が早くても犯罪者もいます。ヤクザや半グレだって頭のいい輩もいれば足の速い輩もいます。ヤクザや半グレは金稼ぎが上手いですよね。

金を稼ぐのは単なる能力。それをもって「人として優れている」というのは間違いです。

しかしながら、金はそれ自身が強力な力を持っているので、たくさん持つとどうしても「ほぼなんでもできる」万能感を持ってしまうし、だからこそ「自分は人として優れている」と思い込みがちです。それは単に錯覚だと言いたいところですが、実際には金の力は強力すぎるので、ついついそう思ってしまいます。どうしようもありません。そこが金の持つ魔力。

しかし、魔力を差し引いて考えるなら、金は単なるアイテムだし、金を稼ぐ力もアイテムです。

こういうことを書くと、金の魔力を無理にでも引き剥がして、金を稼ぐことの価値を低く考えてしまう人も出てくることでしょう。

しかし、金を稼ぐことはすごいことですよ。かなり価値のある、そして万能感を感じさせるアイテムです。誰だって金は欲しいのではないでしょうか?僕は欲しいです。毎日そう思ってます。金を稼ぐ能力がない僕は辛いですよ。

お金なんてそこそこあれば、生きていける分だけあればいいなんていう人も中にはいることでしょう。しかし、そう言う人の目の前で札束をどんと積んで言うことを聞けと言われたら、何人が拒否できるでしょうか?

ここまで書いて、何が言いたいのかというと、

・金を稼げないからダメ人間ということではないということ
・金はあれこれ錯覚を起こさせる万能アイテムだということを理解しておくこと

です。いざというときに冷静さ、平常心をを欠かさないために。