現在進行形でジェノサイドを行っている中国と何がなんでも商売したいという輩は、異常としか言いようがない

現在進行形でジェノサイドを行っている中国と何がなんでも商売したいという輩は、異常としか言いようがありません。まんまそれ。それ以下でもそれ以上でもありません。

経済的に強い結びつきがうんたらとかいう輩がまだいることも驚きですが、そんなものは断ち切ればいいだけです。

馬鹿なの?

って心底思います。理屈じゃないだろうと。

日本においては、凶悪殺人を現在進行形で行なっているような輩と揉み手で「これも商売」って言って付き合うような人はいませんよね。それどころか、この日本では

凶悪殺人を現在進行形で行なっているような輩に対しては、その家族までも巻き込んでの村八分

状態になることが常です。それがいいとは僕は思いませんが、日本人の多くがそこまでの潔癖思考なのは間違いありません。

その潔癖思考を

何がなんでも中国にだけは適応しない

というのは異常です。キチガイですね。

  

ハニトラがそこまで浸透しているのか、金を積むだけ積まれているのか、あるいは三国志とかにかぶれてしまって頭がおかしくなってしまっているのか、どれか一つではなく複数なのかは分かりませんが、ここに至るもなお中国に忖度している、おもねってる、あるいは媚びている輩は、本当に異常としか言いようがありません。

ダイソーにマスクが入ってきたよー!でも中国製だよー!

って、もうね。本当にダイソーの担当者の顔と名前と連絡先を知りたいです。

そして聞いてみたいですね。

現在進行形でジェノサイドを行なっている国の製品を受け入れる理由はなんですか?

って。

もちろんキリッと理論武装してあれこれ答えるでしょうけどね。だって

自分はジェノサイドの被害者ではないからね。誰が死のうとどうなろうと、自分の会社が儲かりさえすればあとはどうでもいい

んだろうからね。

うんざりです。