札幌の除雪に大感謝!

僕はずっと雪の多いところに住んでいます。

子供の頃は雪はできるだけたくさん降ってほしい、そうしたら雪遊びがたくさんできると、本気でそう思ってました。

雪を片付けてできた雪山を見たら狂喜乱舞でトンネル掘ったりミニスキーで滑ったりして1日中遊びまくったのはいい思い出です。

しかし、大人になると、もう本当に雪にはうんざり。苦笑

また降ったのか〜雪かき面倒〜

そして今ではもう完全に

雪=面倒(あるいは雪=白い悪魔)

というイメージになってしまっています。通勤時に歩道がものすごく狭くなっているとか、会社に行ったら雪かきとか車からの雪下ろしとか、もうとにかく無駄な時間のオンパレードで心底うんざりしますし、吹雪の時にはそれを何度も繰り返さないとならない状態になったりだとか、なんの罰ゲームだよ!などと思わず愚痴も出るってもんです。

筋トレにはちょうどいいのですが。笑

  

さて、どかっと雪が降ると大活躍するのは除雪排泄作業員!

僕は冗談抜きにすごいなぁといつも思っています。例えばこういう映像を見たことはないでしょうか?

wikipediaより

僕は青森にいた頃に、よく見ました。実際に走ったこともあります。青森十和田ゴールドラインというのですが、この画像はもうかなり雪解けが進んだもののようですね。これよりもすごい画像は本当にたくさんあるので、興味のある方は「雪の回廊 八甲田」などで検索してみてください。

そして、そんなすごい画像を見ていていつも思うのは

よくもまあ間違うことなくしっかり除雪できるなぁ

何せ山道。どっちかが斜面だったり崖だったりすることも普通にあるのです。それをまあ本当に綺麗に道なりに除雪して行くのは本当にすごい!まさに技術の勝利ですね!

   

さて、山道を除雪するのもすごいのですが、街中を除雪するのだってすごい!

街中だから色々な障害(あくまでも除雪にとっての)があるのです。車とか歩道の段差とか。ゴミステーションだってあるしそもそも至る所電柱だらけだし。札幌市は青森市と並んで、世界の都市の中で最も雪の降る豪雪地帯ワンツーフィニッシュ(1位青森市、2位札幌市)なのですが、大きな都市の除雪って想像以上に過酷で大変じゃないでしょうか。

それを除雪作業員の方々は重機を操ってものの見事に除雪していくのです。作業は夜中。本当に大変でしょう。朝の通勤時に歩道が除雪されていると本当に嬉しいものですよ。

ありがたいことです。

ちょっとだけわがままを言わせてもらえるなら、歩道の除雪のあとは、実は地面がツルツルして滑りやすくなってることがあるのです。歩いていると、なかなかに滑って危ない感じがします。今の技術でどうにかならないものだろうかと思います。

もちろん除雪してくれるだけですごくありがたいですよ。この気持ちは北国の人なら皆感じるはず。

人も金もたくさん必要な除雪。

なんでも一晩で1億円以上の費用がかかるそうなのですが、それは仕方ありません。金がもったいないから除雪中止ね!なんてことになったとしたら、冗談抜きで札幌終了。除雪は札幌市民が普通に暮らしていくために絶対に必要なのです。

そんな除雪に関してはこちらがすごく良くまとまっていて、読んでみて改めて感心しました。よかったらみなさんも見てみてください。

【エコチル特集】すごいぞ!!札幌の除雪技術
http://sapporo.ecochil.info/2018/01/22/1801kanto/

本当にすごいですよ!除雪なしくて札幌では生きてはいけません。まさに縁の下の力持ちですね。

春までの間、頑張ってくださる作業員の方々に感謝しつつ、あともう少しだけ雪に耐える毎日を過ごしていくのです。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ