心霊スポットに行ってみた系の動画を見る場合の作法

心霊スポットに行ってみた系の動画をいっときよく見ていたのですが、当然のことながら、心霊現象的なものは特に何もなく、言ってみれば単なる廃墟をあれこれ言いながらただただブラブラするだけ。

怪奇現象心霊現象が起きて欲しくて(かどうかは知りませんが)撮影しに行って、結果は廃墟をただ歩くだけということに関しては色々な思いがあるのですが、個人的には「そういう現象が起きないからこそ安心して見ていられる」のです。

本当になんらかの現象が起きたとしたら、それを見ている僕に影響がないとは言い切れないので。

  

僕は心に決めていることがいくつかあるのですが、その中の一つに

「人の死体の写真は見ないコピペしない批評しない」

というものがあります。ネットには多くの死体の写真があります。中にはとても悲惨なものもあります。何年か前に日本人が本当に斬首される事件があって、その動画が出回ったことがありました。

僕はその動画を見ていません。というか写真も見ないようにしていました(つまりはまとめ動画などですが、一切見てません)。

理由は簡単で「自分の死体が興味本位で多くの人の目にさらされるのが嫌だから」です。自分が嫌だから、相手にもしない。ただそれだけのことです。死体といえども一定の尊厳は欲しいものです。例えば最悪の殺人犯はとことん苦しんで死刑になって欲しいとは思いますが、その死体を晒してくれとは思いませんし、晒された写真を見たいとも思いません。

それと同じで、仮に本当に心霊現象や怪奇現象がある「本物の場所」なら、やはりさらさないで欲しいというのはあります。

逆に言うなら、動画でさらされるレベルのところなんて、実は誇大広告と同じ類で、何にもないただの廃墟でしかないということだと、僕はそう勝手に解釈していいるのです。

何にもない場所だけど、雰囲気的に怖い感じがするということで尾ひれはひれがついただけ。そういう意味での「尾ひれはひれ」を楽しむ。

僕にとっての心霊スポットに行ってみた系の動画はそういうものです。夏にぴったり!だと思います。