不幸である理由は単純に「寒い」から

都道府県「幸福度」ランキング2019【完全版】
https://diamond.jp/articles/-/220931

僕が今住んでる北海道は26位。まあまあ中間ですね。ちなみにこの種のアンケートやランキングで北海道と表記される場合、その多くは

北海道≒札幌市

だと思っているので、ここを踏まえた上での話なのですが、上記リンク先を見ればほぼ単純に幸福度と気温は正比例だと思いますし、実際に下位の県はどこも寒い。東京が45位にあるのも「寒い」からだと思っていますよ僕は。同じ理屈で北海道≒札幌市はそんなに寒くはないのです。

なんの不思議もありません。幸福度は暑さ寒さに関係してると僕は思います。

もちろん専門家の意見は違うのでしょうし、そんなに単純じゃない!とご立腹される方もいることでしょう。

けど、僕の意見は変わりません。幸福度は気温が暑いか寒いかに左右されるのです。

ではなぜ東京が45位なのか?というと、まあわかりやすいのはこちら

冬は北海道よりも東京が寒い!道民による寒さの違いの解説がわかりやすい
https://fanfun-music.com/archives/341

実際に僕も体験したのでよくわかります。東京は寒いですよ。なぜなら東京は東北地方や北海道のように「最初から寒いの前提での備え」をしていないからです。寒さに無防備と言ってもいいレベルです。よって寒さに備えていない東京が寒いのは当然のことなのです。実に簡単。

そしてそれが逆に北海道が寒くない理由でもあります。北海道は最初から寒さに備えているのです。実際に冬の北海道は暖かいですよ。二重サッシだし外にそんなに出ないし色々なものが最初から寒冷地仕様。寒いのが大嫌いな人が多いから、逆に暖かくしているのです。僕も冬は室内で半袖短パン。それくらいでちょうどいいというレベルの暖かさに「意識的にしている」のです。だから暖かい。寒冷地仕様ってのは伊達じゃないのですよ。

じゃあなんで、寒さに備えているはずの東北地方が幸福度ランキングの下位を独占しているのかというと、これは北海道ほどあったかくないからだと思われます。僕は青森県人で東北人。東北のあちこちに行った経験からすれば、東北地方も寒いのです。けど、北海道ほど寒くない。逆にそれが、北海道ほどの寒さ対策に結びついてない要因だと思います。あとは「所得が少ない」からそこまで暖房に回せないというのもあると思ってます。そしてこれは案外盲点ですが、東北地方は「夏も寒い」のです。ヤマセってご存知でしょうか?3年周期な感じでやってくるのですが、これがくると夏でも18度とかなんですよ。昔の東北地方はこのヤマセで何度も大飢饉に見舞われています。いやもうほんとに寒いのなんのって、うんざりするのです。夏なのに。

つまり、夏も冬もとにかく寒いところは幸福度も低い。僕は勝手にそう思ってます。ただし、最初から割り切っていて「じゃあ物理的に暖かくしよう」と開き直ってる北海道はそこまで不幸な感じじゃないのではないかと。

広島とか山口とかがなぜ下位なのかは、行ったことも住んだ事もないのでよくわかりませんが、雪が降ったというニュースをたまに目にするので、案外寒いところなのではないとか思ってるのですが、どうでしょう?

僕は本当に単純なので、お日様が出てあったかいと幸福だなと思います。

なので、あくまでも僕個人の意見ではありますが、自分が不幸だと感じている人はなんでもいいのでまずはあったまることから始めてみたらどうでしょうか?