あまりにも便利すぎる札幌市の地下歩行空間

早速wikipediaより引用なのですが

北海道旅客鉄道(JR北海道)札幌駅北側から地下歩行空間を通って地下鉄南北線すすきの駅までの1,900 mがほぼ直線でつながっており、日本国内で最も直線距離が長い地下通路(地下道)になっている

とのこと。日本国内だけならダントツで大きな北海道なので、日本一長い直線道路もあれば、日本一長い地下道路もあるんです。以前は地下道は札幌駅から大通駅までしかなかったのですが、2011年3月12日にススキノ駅まで貫通しました。この時には僕はもうすでに札幌市民だったので、開通した時のことはよ〜く覚えていますよ。その時には写真こそ撮らなかったものの、僕の性分で、端から端まで歩いたのです。そしてしみじみ思いました。

便利すぎる…

実際あまりにも便利すぎて、この長い地下歩行空間ができて以来、僕はほとんど屋外を歩かなくなってしまいました。地下歩行空間で行けるところで用を済ませるし、屋外に出るとしたらジュンク堂や紀伊国屋書店、ヨドバシカメラに行く時くらいです。

とにかく地下鉄から銀行からテレビ塔からデパートから献血ルームから何から何まで地下道で繋がっていて、観光で札幌に来るちょっとリッチな人なら、JRタワーに宿泊しさえすれば、あとは本当に地下歩行空間のみで用が足りる。それくらいにもう便利すぎるのです。

JRタワーホテル日航札幌
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/76941/76941.html

これから雪まつりも行われますが、雪まつりの大通り会場にだって地下から行けます。ちょっと寒くなったらさっと地下に引っ込めば大丈夫。いやはやもう至れり尽くせりですね。というか、地下鉄駅の近くに住んでいたら、もはや傘要らずなんてことが冗談ではなくあり得ます。

雨風しのげて雪の寒さや夏の日差しも気にせずに、信号で待つことなしに1年中快適に歩ける。

本当にリッチすぎますよ!

とまあ、あまりにも便利すぎるこの地下歩行空間ですが、それを裏付けるデータもあって、この地下歩行空間の地上と地下を合わせた歩行者通行量は2016年までに1日当たり約8万5000人で、開通前の10年(約3万7000人)より約2・3倍に増えたそうです。

詳しくはここ参考!
https://www.city.sapporo.jp/kensetsu/stn/genzainojigyo/ekimaechika/documents/chikaho5nentsuukou.pdf

これってほとんど地下ばっかり歩いてるんじゃないのと僕は思うのですが。正直、地上に何があるのかかなり忘れてしまってます。これでマンションがこの地下歩行空間に直結でもしようものなら、そこに住んでる人は何から何まで地下でOKになってしまうかもしれません。いいんだか悪いんだか。笑

そんな地下歩行空間ですが、さらに拡張を検討しているという話もあって、なんでも東豊線沿いススキノまで拡張してループ化するとかしないとか。いやはやマジスカ!これができたらさらに便利になること確実じゃないすか!地下鉄がさらに便利すぎるじゃないっすか!

北海道新聞記事2017年12月31日

 

というわけで、札幌に来て「しまったぁ今日は雨!」とか「雪で観光無理!」とか思っているあなた!

そんな心配はご無用です!全く問題ありませんよ!地下歩行空間を使って1日楽しんでください。地元民の僕ですら、あまりの便利さに感動しているくらいですから、観光で体験したら文字通り感動するでしょう!

特にショッピングやグルメ目的の女性なら、本当に1日楽しめますから、どうぞ季節や天候に左右されずに札幌へお越しください

…って、僕は別に観光大使でもなんでもないけどね。笑

そうそう。この地下歩行空間は「さんぽ」にももってこいの場所で、実際にさんぽしている方もたくさんおられるようです。端から端までおよそ20分。これもまた楽しいですよ!

可愛いインコもいるのです!

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ 散歩・散策へ
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ